scrap-it-to


モナリザタッチで女性器の若返りをしたいというお問い合わせ殺到中

2018.09.25 11:11

 当院は日本にモナリザタッチhttp://www.monalisa-touch.com/が入ってきた当初から導入していて、多数の症例数があります。先日からなんだか急に「モナリザタッチ」に関するお問い合わせが殺到しているのですが、テレビか何かで紹介されたのでしょうか?せっかくの機会なので「モナリザタッチ」による女性器の若返りについて詳しくお話ししたいと思います。

 

 モナリザタッチは炭酸ガスフラクショナルレーザーを用いた女性器のアンチエイジング治療で、痛みがなく施術が短時間で終わり、1~3回で効果の出る治療です。35歳以上の女性には全ての方に受けて頂きたい‼と思うほど私は惚れ込んでいる治療です。女性器のことってなかなか友人にも相談しにくいですが、実は悩んでいる女性はとても多くいらっしゃいます。

 

 女性器は年齢によって変化していくものであるということを、皆様ご存知でしょうか?まずは見た目の変化ですが、大陰唇が加齢とともに委縮していき、それに伴って小陰唇が目立ってきます。若い頃には大陰唇に包まれて目立たなかった小陰唇が、大陰唇がしぼんでいくことで目立ってくるのです。小陰唇がむき出しの状態になると、見た目だけの問題ではなくジーンズなどを着用した時にあたって痛みが出たりします。

 ある程度以上の年齢の方で「小陰唇縮小術」を希望する方は多いです。それは大陰唇が委縮したことで相対的に小陰唇が目立ってきて、「これからお友達と一緒に温泉にいっぱい行くのにこれでは恥ずかしい。」という理由の方や「ピタッとしたパンツをはいたり自転車に乗った時に小陰唇がこすれて痛い」という理由の方が多いです。以前は小陰唇を縮小するという方法しかありませんでしたが、現在は大陰唇をふっくらさせるという方法があります。「モナリザタッチ」の外陰部の照射です。

 そして加齢によって、見た目だけではなく膣の中にも変化が起きてきます。膣の乾燥や弾力性が失われることや膣萎縮や性交痛です。35歳以上の女性は女性ホルモンの減少によって段々濡れにくくなり締りも悪くなってきます。また、性交渉がない状態が長く続くと膣萎縮が起こり、ペニスが入らない状態になったり、性交痛を感じるようになったりします。性交渉のパートナーがいらっしゃらない方の場合は、自慰でもグッズを使ってでも、何かを膣内に挿入することをお勧めいたします。

 

 気になるお値段ですが、膣内のみの照射は1回65,000円(税込み70200円)、外陰部のみの照射は1回65000円(税込み70200円)、膣内と外陰部両方への照射は1回100000円(税込み108000円)で行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術致します。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する